ピュア・ショコラ

こんにちは。

今日は、ピュア・ショコラについてお話しします。

ガトー・ショコラ。

クラシックなチョコレートのケーキです。

どんなイメージがありますか?

私は、メルルでガトー・ショコラをマイナーチェンジしては、名前を変えてきています。

最初の頃は、カカオ分がとても強く、冷えるとかなりの重たいケーキを焼いていました。

クラシック・ショコラという名前でしたね。

自分の好みも変わってきて、甘みを強くした時期もありました。

シック・ショコラという名前は、チョコレートを大幅に変更した時に使っていました。

今は、カカオ分も相当にありますが、極限まで軽く感じるよう焼いています。

配合や作り方もちょっとづつ、12年で3度のメジャーチェンジ、数回のマイナーチェンジを経、満を持して(?)ウェブショップにも加えることにしました。

ただ、あまり注文が重なることがないよう、少量づつ出品しています。

というのも、1回に4つづつしか焼けません。

卵白を泡立てるのに、銅ボールを使いたいのですね。

昔ながらの道具でもあるのですが、それほどたくさん仕込めません。

卵白を泡立てるなら、大きな機械で、大量に作ることもできますが、そうしないのには、理由があります。

卵白は固くいつまでも落ちないよう泡だてたいのです。

ところが卵白に、チョコレートを合わせるとき、大量の油の影響で泡は消えやすくなります。

銅ボールで泡立てれば、きめ細かく泡立ち、耐えて、好みの生地に仕立ててくれます。

泡が消えすぎると、重たい生地になってしまいますが、適度に残れば軽くなるのです。

泡を潰して使うなら、あえて泡立てる必要はないのではないか・・?

と考え、軽めに泡だて、潰さないよう生地を作っていたこともあります。

いつも今の作り方を「これでいいのか?」と問いかけています。

そんな訳で、マイナーチェンジを繰り返しています。

今に落ち着いたのは、

4つくらい焼く方が気分も楽だし、

その方が、チョコレートも大事に思えるし、

メルルらしくていいかな・・?

と考えるようになったからです。

ただ、ピュア・ショコラという名前になって、あまり売れなくなりました。

ガトー・ショコラが、旬じゃないこともあるのでしょうか?

美味しくなったのに・・・

ネーミングは重要です。

でも他に思いつかなかったのです。

ピュア・ショコラ、ピュア・ショコラ。

ピュア・ショコラをよろしくお願いいたします。

Featured Posts
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
MERLE BIEI

© 2014 by MERLE Proudly created with Wix.com